Ryo Kawahara  Ryo Kawahara photo       

contact information

Researcher
Hakozaki, Chuo-ku, Tokyo Japan

links

Professional Associations

Professional Associations:  Information Processing Society of Japan (IPSJ)  |  Japan Society for Software Science and Technology


2013

組込みシステムのアーキテクチャー検討における性能評価に適したモデル変換手法
河原 亮, 岡林 弘嗣, 久住 憲嗣, 小野 康一, 中田 武男, 坂本 佳史, 長野 正, 中西 恒夫, 福田 晃
コンピュータ ソフトウェア 30(1), 1_203-1_210, 2013

シーケンス図中の時間制約の整合性検査とその高速化
河原 亮, 小野 康一
第20回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE 2013) 講演集, pp. 113-118

MVA-based Probabilistic Model of Shared Memory with a Round Robin Arbiter for Predicting Performance With Heterogeneous Workload
Ryo Kawahara, Kouichi Ono, and Takeo Nakada
International Conference on Multicore Software Engineering, Performance, and Tools MUSEPAT 2013, pp. 13--24, to appear


2012

UMLによる組込みシステムの性能評価シミュレーションのための共有メモリーアクセスの競合の評価手法
亮 河原, 康一 小野, 武男 中田
組込みシステムシンポジウム2012論文集, pp. 63--72


2011

組込みソフトウェアの性能評価のための実行トレースの捨象にもとづくモデリング手法
小野康一, 豊田学, 河原亮, 高鏞守, 中村健太, 坂本佳史, 中田武男, 福岡直明, 久住憲嗣
コンピュータソフトウェア 28(3), 97-113, 2011

次世代アーキテクチャ分析のための性能解析モデリング手法の提案
岡林 弘嗣, 久住 憲嗣, 河原 亮, 小野 康一, 中田 武男, 長野 正, 坂本 佳史, 中西 恒夫, 福田晃
組込み技術とネットワークに関するワークショップ (ETNET2011) 論文集
Abstract

Coarse-grained simulation method for performance evaluation of a shared memory system
Ryo Kawahara, Kenta Nakamura, Kouichi Ono, Takeo Nakada, Yoshifumi Sakamoto
Proceedings of the 16th Asia and South Pacific Design Automation Conference, pp. 413--418, 2011


2010

組み込みシステムのアーキテクチャー設計と性能評価のためのモデル・ベース手法
坂本 佳史, 豊田 学, 小野 康一, 河原 亮, 長井 真吾, 中田 武男
IBM PROVISION64, 89-95, 2010
Abstract

関数単位の振舞を考慮したプログラム実行トレースの特徴抽出
中村 健太, 小野 康一, 河原 亮, 中田 武男, 坂本 佳史, 福岡 直明
組込みシステムシンポジウム2010 (ESS2010) 講演集, pp. 33-41

組込みソフトウェアにおける実行トレースに基づく捨象モデリングツールの実装と評価
高 鏞守, 久住 憲嗣, 小野 康一, 河原 亮, 坂本 佳史, 中田 武男
組込み技術とネットワークに関するワークショップ ETNET2010
Abstract

MARTEプロファイルを適用したUMLモデルによる 組込みシステムの性能評価シミュレーション
河原 亮, 小野 康一, 中田 武男, 豊田 学, 坂本 佳史, 福岡 直明
第9回情報科学技術フォーラム (FIT 2010) 論文集 第1分冊, pp. 51-58, 電子情報通信学会

B-017 時間制約を持つ仕様に対するUML/SysMLモデルの動的検査手法(B分野:ソフトウェア,一般論文)
康一 小野, 亮 河原, 宏明 中村, 浩 石川
情報科学技術フォーラム講演論文集 9(1), 299-306, FIT(電子情報通信学会・情報処理学会)運営委員会, 2010

共有メモリーシステムの性能評価のための粗粒度のシミュレーション手法
河原 亮, 中村 健太, 小野 康一, 中田 武男, 坂本 佳史
組込みシステムシンポジウム 2010 (ESS2010) 講演集, pp. 23-32

A model-based method for evaluating embedded system performance by abstraction of execution traces
Kouichi Ono, Manabu Toyota, Ryo Kawahara, Yoshifumi Sakamoto, Takeo Nakada, Naoaki Fukuoka
Modelling Foundations and Applications, pp. 233--244, Springer, 2010

A modeling method by eliminating execution traces for performance evaluation
Kouichi Ono, Manabu Toyota, Ryo Kawahara, Yoshifumi Sakamoto, Takeo Nakada, Naoaki Fukuoka
Proceedings of the Conference on Design, Automation and Test in Europe, pp. 1337--1340, 2010


2009

組込みソフトウェアの性能解析のための実行トレースの捨象にもとづくモデリング手法
小野康一, 豊田学, 河原亮, 坂本佳史, 中田武男, 福岡直明
第16回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE 2009) 論文集, pp. 1-12, 日本ソフトウェア科学会

SysML - Simulink 協調シミュレーションツールによる制御システムの仕様検証
河原 亮, 中村 宏明
組込みシステムシンポジウム 2009 (ESS2009) 論文集, pp. 101-110

Verification of embedded system's specification using collaborative simulation of SysML and simulink models
Ryo Kawahara, Hiroaki Nakamura, Dolev Dotan, Andrei Kirshin, Takashi Sakairi, Shinichi Hirose, Kohichi Ono, Hiroshi Ishikawa
Model-Based Systems Engineering, 2009. MBSE'09. International Conference on, pp. 21--28


2008

Evaluating SysML Parametrics for Analysis, Validation and Simulation
T. Sakairi, R. Kawahara
APCOSE 2008

SysML とSimulink モデルを用いた協調シミュレーションによる組込みシステムの仕様検証
河原亮, 中村宏明
日本ソフトウェア科学会(JSSST) 第25 回 大会論文集, 2008


2007

Slow Relaxation in Two-Dimensional Electron Plasma under Strong Magnetic Field
Ryo Kawahara, Hiizu Nakanishi
Journal of the Physical Society of Japan 76(7), 074001, The Physical Society of Japan, 2007


2006

Quasi-stationary States of Two-Dimensional Electron Plasma Trapped in Magnetic Field
Ryo Kawahara, Hiizu Nakanishi
Journal of the Physical Society of Japan 75(5), 054001, The Physical Society of Japan, 2006


2004

Effects of Velocity Correlation on Early Stage of Free Cooling Process of Inelastic Hard Sphere System
Ryo Kawahara, Hiizu Nakanishi
Journal of the Physical Society of Japan 73(1), 68-75, The Physical Society of Japan, 2004