Contact Information

Akiko Murakami
Advisory Researcher
IBM Research - Tokyo, Toyosu, Tokyo, Japan
AKIKOMatjp.ibm.com      +81dash3dash5144dash2878


I joined IBM Research - Tokyo in 1999 as a researcher. I graduated from Waseda University and received a Master's in Applied Physics from Waseda University in 1999.

My research interests lie in the area of Social Analytics, which allow us to analyze users' interests and trends via users created contents and behaviors. I lead a FOAK (First of A Kind) project with CyberAgent, one of the largest blog provider company in Japan, and build new technologies with the customer.

We proposed Resilient Business and Service topic for IBM GTO(Global Technology Outlook)2012, and I was a member of Resilient Engineering Group in Research - Tokyo in 2012, an execution team of the topic. Currently I am working in Knowledge Infrastructure Group in IBM Research - Tokyo and doing research on Social Analytics for resilient society, combining text and network analytics approach.

1999年の入社以来、日本IBM東京基礎研究所にて自然言語処理に関する研究をしています。最近ではテキスト分析とネットワーク分析の技術をもちいたソーシャル分析の研究を主に行っています。現実社会の行動がテキストとして保存されたとき、そのテキストを解析することによって現実社会の一部を理解することができるのでは、と思っています。具体的には、ソーシャルメディア上でのやり取りのテキスト情報と行動情報からの知識発見を目指しています。

2012年にIBMが公開したGTO (Global Technology Outlook)のトピックのひとつであるResilient Business and Society の提案メンバーでもあり、2012年にはResilient Engineeringグループの立ち上げにも参加しました。現在、ナレッジインフラストラクチャーグループにて、災害やリスクに強い社会を作るためにソーシャル分析をどう生かせるかについて研究しています。

Research Interests

  • Social Analytics
  • Natural Language Processing
  • Text Mining
  • 研究分野

  • ソーシャル・アナリティクス
  • 自然言語処理
  • テキストマイニング
  • 経歴

  • 早稲田大学理工学部応用物理学科卒業
  • 早稲田大学理工学研究科物理及び応用物理学専攻博士前期課程修了(修士)
  • 1999年の入社以来,東京基礎研究所にて自然言語処理の研究に従事
  • 大学における研究活動(入社後)

  • 2002年~2003年: 東京大学情報理工学研究科 受託研究員
  • 2007年~: 東京大学大学院 学際情報学府 博士課程 (2013年3月単位取得満期退学)